利用出来る助成金について

卵子提供にかかる費用とは?

卵子提供とは、子どもに恵まれなかった夫婦の救済措置として生まれたプログラムです。主に健やかな子宮を持ち、卵子に問題がある場合に適用されます。現代の日本では高齢出産などが増え、妊娠の最終手段として注目を浴びていますよね。では、卵子提供において助成金の利用は可能なのでしょうか。答えの前に、治療にかかる金額から見ていきましょう。卵子提供はいわゆる体外受精であり、国内での施術費は30万~40万円程度かかるようです。加えて国外から卵子提供を受ける場合、提供費用(海外ドナー紹介、検査費、その他諸経費)が必要なため、総額150万~500万円以上だと想定できます。(国により大きく異なる)もし自らドナーを捜索する場合、または日本国内の法人によるマッチングを利用した場合でも、依頼・提供両者における倫理審査費用などに100万円程度かかります。

卵子提供の補助金について

ここから本題の補助金についてですが、卵子提供を含む体外受精は生殖補助医療の一種に含まれます。一般不妊治療(薬物治療や卵管通気法など)と違い、保険が適用されません。また、一部自治体で行われている人工授精・体外受精の補助金給付措置に関しても、第三者からの卵子・精子提供の場合対象外とされるようです。よって、国の助成金は利用できないと考えた方が良いでしょう。理由として、母子ともに妊娠・出産時の健康影響が危惧されることや、親子関係の不明確化が挙げられます。とはいえ、卵子提供により幸福な家族を手に入れた例は多く、海外で認可されているわけですから、今後、不妊治療の法整備が期待されているようです。また、あなたが数多く存在する卵子提供プログラムを利用する際には、費用の安さ以上に、安全性を重視して事業者を選んでください。