他人の卵子で妊娠する?その方法とは

卵子提供はどうやって行う?

夫の精子は正常でも、妻の卵巣機能に問題があったり、卵巣を摘出しているなどの理由によりに通常の方法では妊娠ができない場合があります。そういった夫婦が子供を作りたい時の方法の一つが卵子提供です。別の女性の卵子を採取し、夫の精子と体外受精を行います。そして受精卵を妻に移植することにより子供を作ります。卵子提供者は「卵子ドナー」もしくは「エッグドナー」と呼ばれます。卵子ドナーが妊娠することはありません。採卵の際には静脈麻酔が用いられることが多く、眠っている状態で卵子が摘出されるため痛みはほとんど感じません。生まれてくる子供は夫婦の実子として戸籍に登録されます。基本的に卵子ドナーと子供が会うことはありません。

国内と海外での卵子提供

現在の日本では卵子提供に関する法整備が整っていません。そのため、不妊治療を専門に行うクリニックにより結成された団体がガイドラインを作成しており、その条件を満たしている場合に卵子提供による妊娠が可能となります。クリニックの数自体が少なく、卵子ドナーを自力で探す必要があるため、国内で卵子提供により妊娠したケースは少ないです。一方で、アメリカや台湾、タイなど法整備の進んだ国に渡航して卵子提供を受けるケースもあります。その中でも唯一、台湾では国営による卵子提供が行われています。海外での卵子提供のサポートを行っている仲介業者も存在しており、渡航手続や卵子ドナーの選定をしてもらえます。卵子提供には早産の確率が高まるなどのリスクもあるため、よく考えて利用を決めるといいでしょう。