知っておきたい!卵子提供を受ける際のリスク

年齢や体質によっては母体に大きな負担が掛かることがある

卵子提供は、様々な先進的な不妊治療の方法の中でも、特に成功率が高いことから多くの夫婦の間で関心が集まっています。そうした中、初めて卵子提供を受ける際には、成功率ばかりでなく妊娠をした後の母体への負担についてもきちんと理解を深めることが大切です。例えば、40代以上の人や生活習慣病の人は、妊娠後に高血圧症や早産などのリスクが高まることがあるため、卵子提供を受ける前に信頼できる医師のいる病院で精密検査を受ける必要があります。また、人によっては出産後も体の違和感が続くこともあり、将来的なリスクを考慮して卵子提供を希望することが大事です。なお、卵子提供に係わるリスクに備えるうえで、海外の数ある医療機関の中でも、副作用や後遺症などの対処をしっかりと行っているところや、経験豊富な婦人科や産婦人科の医師がいるところを選びましょう。

低出生体重児が産まれる可能性が高くなる

卵子提供は、通常の妊娠や出産と比べて様々な面でリスクがありますが、特に低出生体重児が生まれる可能性が高くなることについて、担当の医師に説明を聞いてよく把握をしておくことが大切です。また、出産までの間に胎児に障害が現れたり、出産後に大量出血をしたりすることもあるため、いざという時に備えて最先端の医療が提供されている海外の病院を探すことがおすすめです。卵子提供の希望を受け入れている海外の病院の中でも、妊娠から出産までのサポートが行き届いているところや、安全性の高い卵子提供の方法が採用されているところは、多くの夫婦から支持が集まっています。なお、卵子提供のリスクの高さには大きな個人差があるため、名医のいる病院でカウンセリングや複数の検査を通じて、血液や遺伝子などからリスクの判定をしてもらうことも大事です。